【2019年2月追記】

こんにちは、ホテル「ガーデンパレスパラオ」の菊池です。2018年5月の便をもって「成田ーパラオ(コロール)間を結ぶデルタ航空の直行便は終了」となりました。現在日本からパラオへの直行便はなく、日本からグアムを経由してパラオ(コロール)へ行くのが主な渡航ルートとなっています。

尚、2019年6月から日本の航空会社の “スカイマーク” がサイパン線とコロール(パラオ)線を運航する意向で、定期便化したい考えを示しています(関連記事:Travel Vision)。この場合、デルタ航空が2018年5月まで週2便で運航していたパラオ(コロール)線は、同じく2便を目処に運航する考えだとスカイマーク社長の市江正彦氏は話します。時間帯などの詳しい情報はまだ不明です。またスカイマーク就航について、パラオのレメンゲサウ大統領は日本政府の許可待ちであると現地の記事が報道しています(現地記事:IslandTimes)。
なお「サイパン便は2019年3月22日~30日に国際チャーター便を運航する」と1月25日に発表されました。3月以降については今回の実績をみて検討していくそうです。

また、ChinaAielinesが日本ーパラオの直行便運航について、日本政府から承認を得たと2019年2月1日の現地ニュースが伝えています。

どちらも就航されればグアムを経由せずに済むので、格段にパラオへ行きやすくなりますね。引き続き注視し、また情報が入りましたらこちらに記載していきたいと思います!

以下は2018年2月の記事です。

パラオ直行便が「2018年5月」をもって終了します

こんにちは、ホテル「ガーデンパレスパラオ」の菊池です。
先日、パラオへ入国する際に新しくPPEFという税金が導入されるというお話をさせて頂きましたが… それに続いて、昨日、パラオより衝撃的な案内が来ました。それが、表題にもある通り・・・

2018年5月6日を最終便に、成田-コロールのデルタ直行便が運休します!

なんてことでしょう、これは私たちパラオ関係の旅行代理店、ツアー会社、他のホテル業者などなどにとっても晴天の霹靂でした。何しろ、つい先日日本で行われたパラオセミナーでは、デルタさんは「まだまだ飛ばしますよぉ^^一緒にパラオを盛り上げましょう^^」ぐらいの感じでしたから…しかし、デルタの日本支社さんにとっても、突然の本社からのお達しでビックリだったようです。

成田ーサイパン線の影響

もともと、成田-コロール間を飛行しているボーイング757-200は成田-サイパンへも就航しています。普段は日中成田-サイパンを往復しているのですが、夜間に成田空港にただ飛行機を止めておくのが勿体ない!ということで、夜間にパラオへ飛ばしていたようです。

余談ですが、成田空港に一晩飛行機を停留させる為に料金がかかるのですが、これがめちゃくちゃ高いそうです。なので、ただ停留しておくぐらいなら、お客さんが少なくても飛んだ方がマシ!という理屈みたいです。とはいいつつも、成田-コロールの飛行機はお客さんが少ないわけでもなく、ちゃんと黒字路線だったみたいなんですけどねー。。。
デルタさんにも何か事情があるのでしょう。。

パラオ直行便は今後どうなる?

しかし、黒字路線だったわけですから、今後ほかの航空会社の就航が決定する可能性も十分ありますので、続報を待ちたいと思います。夏休みシーズンなどの繁忙期には、例年JALの期間限定直行便も飛んでましたし、今年もまた飛ばしてくれるかもしれませんし。(JAL便は日中に飛んでくれるので有難いんです)

また、週2回飛んでいた成田-コロールの直行便がなくなるということは、デルタの成田-サイパンの直行便も無くなるという事になりますので、今までこれを利用していた人々がグアム乗り継ぎ便へ集中することが予想されます。なので、成田-グアム-パラオの乗継便もしばらくは混雑が予想されますので、ご旅行を考えていらっしゃる方は早めのお席の確保をしたほうがいいかもしれません。

という事で、楽にパラオに行けるのはゴールデンウィークあたりまでが一旦の目途となります。
また続報が入りましたらここでまた記事にしますのでお待ちください。

パラオ最大級の客室のホテル、ガーデンパレス